FANDOM

新しく質問する場合はここに入力

可能と思いますが、それなりの覚悟が必要です。

柴犬は室内の外の世界があると知ると、自分のテリトリーである室内では排泄をしたくないようです。極力散歩まで我慢します。生まれて6ヶ月もすると12時間ぐらいならおしっこを我慢できるようになりそうです。したがって、朝夕必ず天候に関係なく散歩で外に連れ出せば排泄の問題には対処できます。しつければ、大人になっても排泄を室内でもできるようになるのかもしれませんが、良く分かりません。

朝夕に散歩は1時間する覚悟がいると言われているようです。ボールを追いかけるなどの激しい遊びを織り込むと、時間は短縮できると思います。10分から15分のボール投げで激しく運動をして、合計30分ぐらいの散歩でも充分の可能性があります。

柴犬は年に二回毛が大きく抜け替わります。毛が抜ける時期は床の上が毛だらけになります。無視する手もありますが、気にはなります。

年をとって散歩に出せなくなるとどうなるのか想像もつきません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。